FC2ブログ

ダウントンアビーな日々

ドラマ「ダウントンアビー」に今頃はまっている。
この作品の存在は以前から知っていたが、何となく重そうなイメージがあり、長い間見ようとは思わなかった。それなのに、先月、ふと見てみようと思い、アマゾンプライムビデオで見た。


別世界が広がった。貴族たちを取り巻く優雅で、いじわるな世界。いつの時代も嫌な人間はいるし、いじめもある。1912年のタイタニック号沈没から物語は始まり、第一次世界大戦、スペインかぜの流行、ロシア革命、貴族社会の変化。歴史を見ている気分になる。貴族と使用人たちの人間模様は100年前も現在も、さほど変わらない。社会的背景は違っても、欲望や悩み事は同じ。それが面白い。1つ1つの話が濃厚な感じなので、毎晩1話ずつ見ている。それが夜の楽しみになっている。


ダウントンアビーを見ていると、コーヒーではなく紅茶を飲みたくなる。きちんとポットに入れて、ティーカップに注いだ紅茶を飲まなければと思う。クラシックな服装も非常に参考になる。この時代、貴族たちはドレスメーカー、つまりあつらえの服を注文し、庶民は自分で服を作っていた。私の趣味のソーイングにインスピレーションを与えてくれるのだ。今、ネイビーのツイードワンピースを製作中で、ダウントンアビーの長女メアリーが着ていそうな感じなので、このワンピースを「レディメアリー」と名付けようと思っている。(私が服に名前をつけるのは初めてだ。)ソーイングビーもそうだけど、今、私はイギリスの気分のようだ。

スポンサーサイト



テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ダウントンアビー ソーイングビー

不安な風邪ひきさん

風邪をひいた。
鼻がじゅくじゅくする。
こんなときに風邪をひくなんて、
と思いながら内科を受診する。
念のため、インフルエンザの検査もしましょう
と言われ、鼻に細長い綿棒みたいなのを突っ込まれる。
幸いなことに、ただの風邪だった。


精神的に不安なときの風邪は
さらに情緒不安定になってしまう。
ただの風邪。
でも長引いてコロナウィルスだったらどうしよう
と余計な心配までしてしまう。


私は大丈夫。
そう考えるしかない。
私が感染しているのなら、
まわりの人は皆、感染しているはず。


そもそも私はインフルエンザに
人生で1回しかかかったことがない。
流行ものに乗りにくい体質なのだ。
職場でインフルエンザが流行っていても
うつったことがない。


私は大丈夫。
でも手洗いとマスクだけは徹底する。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : コロナウィルス インフルエンザ

できるだけ外に出ない生活

外に出ないことが最善の予防策なのか。
新型コロナウィルスの不安はさらに大きくなっている。私の住む和歌山県でも感染が広がっているのだ。感染経路が不明なこともあり、もはや外に出るのが怖い。外出は必要最小限にしている。電車には乗らない。外出時は必ずマスクを着用し、手洗いをこまめにする。できることといえば、それくらいだ。


人から人へ、どんどん感染していく。それは風邪やインフルエンザもそうだけど、新型コロナウィルスの場合、治療法が確立されていないし、ワクチンもない。現代の医療技術をもってしても、対処できていないのだ。これは危険な病なのか、それとも100年ほど前のスペイン風邪みたいなものなのか。


家の中で過ごす時間が増えている。ソーイングが趣味の私にとっては、そんなに苦痛ではない。ソーイングに専念すればいいのだ。ウィルス騒ぎはいつになったら収束するのか分からない。春までずっとこの調子なのか。これから家で過ごす時間はもっと増えるかもしれない。家の中での楽しみを見つけることは、今後さらに重要になるのかもしれない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

tag : 新型コロナウィルス

「さり気なく甘い服」のジャケットを作った



最近、「さり気なく甘い服」ばかり作っている。
さり気なくかわいいから
ついつい作りたくなるのだ。
本を眺めているだけで
いろいろ創造力が湧いてくる。


今回作ったのはジャケット。
切りっぱなしの生地の三つ編み飾りがポイントだ。
本ではデニム生地を使っていたけど、
私はデニム調のオックス生地を使用。
薄手なので春によさそうだ。


本のとおり作ったので
裏地はなし。
でも脱ぎ着するのに滑りが悪いため
裏地はつけた方がよさそう。
今回は、裏地を付け足す予定はないけど。


色合いだけでも春が欲しい。
まだまだ薄手のものは
寒くて着られないけど
少しずつ春が近づいている。




テーマ : ソーイング
ジャンル : 趣味・実用

tag : さり気なく甘い服

価値観が変わるとき

新型コロナウィルスは
いろいろなところに影響を及ぼす。
観光客は減り、
人々は外出しなくなっていく。

マスクはどの店でも売り切れ。
でも、昨今の偏った世論では
マスクなしで外出するなんて
マナー違反だと言われかねない。

毎日の生活の中で
優先順位が変わっていく。

家で過ごす時間が増えた。
外食を控えるようになった。
ファンデーションをつけなくなった。
服はドライクリーニングのものは避け、
家で洗えるものばかり
選ぶようになった。


これらすべてに共通するのは
お金がかからないということだ。
景気にも影響が出るということ。

家で過ごす時間が増えて、
重宝しているのがアマゾンだ。
私はアマゾンのプライム会員なので、
ピライムビデオが見放題だし、
電子書籍の読み放題サービス
kindle unlimitedを利用しているので
家にいながらビデオと本に困ることがない。

買い物にしても
アマゾンでは何でも買えるから
外出しなくても必要なものを買うことができる。

価値観の変容。
それは社会で、
私たちをとりまく世界で、
大きな事件が起こったときに
いつの間にか変わっていく。

東日本大震災をきっかけに
人々の価値観が変わった。
人々の価値観が変わると、
それにフィットする
サービスや商品が生まれ、
社会はどんどん変わっていく。

10年前と今では
たいして変わっていないように思えるけど、
それはこの10年の変化とともに
私たちも少しずつ変わってきたからで、
浦島太郎のように突然帰ってきたら
この10年の変化に驚くだろう。

10年前はスマートフォンも電子書籍も
普及していなかった。
携帯電話のカメラで
写真を撮ることはあっても
「映える」かどうかなんて気にしなかった。

価値観が大きく変わる。
今、そんなときに来ている気がする。





テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

魔女の鏡

Author:魔女の鏡
最近の趣味は、ソーイング。
ワンピースを作るのが好きです。


2015年~ピアノ教室に通っています。


私も夫もうなぎが大好き。
美味しいうな重を求めて小さな旅に出ます。


1984年生まれ。
美容、インテリア、きらきらしたもの、スワロフスキーが好きです。
1歳年上の夫と2人暮らし。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
QRコード
QR
style